998 七人の侍 黒澤明

c0195327_15132915.jpg

c0195327_15163150.jpg1954年公開。“悪魔のように細心に!天使のように大胆に!”をモットーとした黒澤監督の金字塔。
三島由紀夫にそのヒューマニズムを“中学生並み”と評された黒澤明。

海外では完全主義者の“天皇”として畏敬の念を持たれる。
黒澤は特にアメリカで評価され、小津はヨーロッパでの評価が高いでしょうか。
美と力へのエクスタシー
黒澤の美学は、美を単なる模写、つまり描写ではなく、表現とは創造とする自己主張により、癒し、鎮めではなく、見るものに緊張と昂揚の“対比”によるエクスタシーを感じされること。
本能のアクション
それまでの時代劇で馬を多用することはなく、映像のベースには西部劇の考察がなされている。
マルチ・キャメラ方式で撮影した膨大なテイクから、最適なショットを精選して、あとで当該シーンを再構成した。その結果、息もつかせぬリズムと圧倒的な力動感を持たせた類まれな構成力である。

c0195327_15183593.jpg誕生のエピソード
これまでの時代劇は歌舞伎の延長であり様式化されていると批判、徹底的なリアリズムに基づいた大型時代劇を計画していた。

【ある侍の一日】の企画を受けた橋本忍は3ヶ月練るが、時代考証の裏づけに欠け、自ら没とする。
※それは、後の藤沢周平の時代劇【たそがれ清兵衛】に通じるものがある。
次に企画したオムニバス形式の【日本剣豪列伝】は起承転結のストーリーの展開が欠如、またも没となる。

そのとき
ここからは橋本忍の出演番組を再現
話題を変えて黒澤は「ところで当時の武者修行だけど、彼らはどうやって毎日飯を食っていたんだろう」と黒澤がつぶやいた。
この疑問を橋本は東宝の企画部に伝え、製作者の本木荘次郎が次の打ち合わせまでに調べる事になった。

c0195327_15252136.jpg本木「疑問の件だけど、当時の武者修行は金など無くても全国を自由に動き回れたんだ。道場に行き一本手合わせをすれば晩飯を食わせてくれ翌朝出発する時に乾飯をくれる。だからその日のうちに次の道場までたどり着ければいいんだ」
橋本「本木さんよ、次の日までに道場に着けばいいよ、しかし、もし無かったらどうなるんだ?」
本木「お寺に行けば良い、寺院が庇護してくれるんだ、寺院を訪れれば飯を食わせてくれ、乾飯もくれる」
橋本「じゃ、道場もお寺もない時は?」
本木「当時は室町末期から戦国時代で全国的に治安が悪く、山野には盗賊や山賊がたむろして出没する時代だ、だから、どこかの村に行って、一晩寝ずに襲ってくるかもしれぬ夜盗の番をすれば、どこの村でも、百姓が腹いっぱい飯を食わせてくれて、乾飯もくれるのさ」
橋本「百姓が侍を雇う?」
私(橋本)は瞬間に黒澤さんを見た。黒澤さんも強い衝撃で私を見ている。

c0195327_15264572.jpg黒澤「出来たな」
橋本「出来ましたね」
橋本「侍の数は何人にする」
黒澤「三,四人は少なすぎる、七,八人、いや八人は多い、七人くらいかな」
橋本「じゃ、侍は七人ですね」
黒澤「そう、七人の侍だ!」
脚本はプロデューサー小国英雄、監督黒澤明、脚本家橋本忍の3名が熱海の旅館に3ヶ月篭って書き上げた。小国は執筆せずに内容の是非を判断する担当。

悪魔のように細心に!
黒澤はキャストのキャラクターを“細心”に練っていた。
主役の勘兵衛だけは生き残る、ほかの侍の生死については、当初は一切決めず、その場になっての状況でタイミングで決めた。

c0195327_1528574.jpg天使のように大胆に!
そして、“大胆”にも予算は再三の追加、3ヶ月の予定の撮影は1年かかり、当時としては破格の2億円の巨費が投じられた。

盗賊のアジトは合掌造のような巨大な建築。リアリズムに反すると批判したある著名な映画関係者の忠告を無視。黒澤は、そこはリアリズムより、その巨大な建築が燃え上がるシーンを撮る“大胆”かつ矛盾を併せ持っていた。
c0195327_1533413.jpg


ご訪問ありがとうございます。閉じる前にぜひ、ランキングUPのご協力に▼クリックお願いします。1日1回有効です。
                                           ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ
[PR]
by MILLION-lion | 2009-03-14 15:40 | 9 シネマ


設計事務所の造形工房、千原利英のブログ


by MILLION-lion

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ASPアクセス解析



▼バナークリックをお願い
へ
人気ブログランキングへ

記事ランキング

お気に入りブログ

くいしんぼな 一眼さん
造形工房
まいづるRB ブログ
住まい倶楽部
まち・みち・みせ

最新の記事

熊本洋学校教師ジェーンズ邸
at 2016-04-18 23:14
海の博物館 内藤 廣 
at 2016-02-14 14:21
神奈川県立近代美術館 鎌倉館..
at 2016-01-31 10:20
硝子の茶室
at 2016-01-02 20:38
ならまち 鹿の舟 囀 設計 ..
at 2015-12-21 22:12
20151206醍醐寺晩秋
at 2015-12-06 21:18
東大寺東塔院跡発掘調査
at 2015-11-29 21:34
大仏池
at 2015-11-24 21:20
彼岸花
at 2015-09-16 21:31
東大寺南大門の主
at 2015-09-13 20:33

以前の記事

2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

カテゴリ

全体
0 作品・計画
1 設計・エレメント
2 暮らし・デザイン
3 食・店・酒
4 庭園・花鳥風月
5 古典建築・現代建築
6 パッサージュ
7 西の旅・東の旅
8 芸・美・文化・歳時記
9 シネマ
未分類

タグ

(14)
(11)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)

検索

ファン

その他のジャンル

ブログジャンル

食べ歩き
映画

画像一覧