タグ:桂離宮 ( 5 ) タグの人気記事

495.8 桂離宮 笑意軒

c0195327_20103941.jpg
【笑意軒】は、非常に格調の高い数奇屋で、静かに読書を楽しむところであったらしく、他の御茶屋とはだいぶ趣が異なり、亭と呼ばず軒と呼ぶ。
外観はなんのてらいも無く伸びやかで、気負うことのない佇まい、室内はあでやかで桂離宮の中で最も数奇屋らしい数奇屋で、拝見できることを一番楽しみにしていた。
c0195327_20104513.jpg
生垣の端に区画を明瞭にする[三角燈籠]
c0195327_20105374.jpg
【笑意軒】に平行に一直線の長い【霰零し】の[延段]【草の飛石】は、何の作意的模様もなく、自己主張もないことから【笑意軒】の長い軒を引き立てている。
c0195327_2011025.jpg
右から勝手口の大阪土壁、半間後退して次の間の竹連子窓、さらに半間後退して口の間の開口部、そこから一間後退して一の間の下地窓と納戸の連子窓の意匠効果を出している。
c0195327_2011751.jpg
掛け出しが深いので口の間の小壁(鴨居の上にある壁)が大きく、【四季の窓】と称される六つの丸窓がその大きさを引締めている。
c0195327_2011145.jpg
一の間と納戸の北壁面で大阪土が塗られる。左側の連子窓は納戸の明り取り、右側の濡縁上の横長の下地窓は、3畳敷き一の間の明り取り。このような窓の組み合わせが、硬軟を旨く使いこなす桂のデザインパターン。
c0195327_20113073.jpg
c0195327_20114575.jpg
次の間の袋棚の小襖は絹地に雲形の模様を描いている。
c0195327_20115461.jpg
口の間から見る中の間。中連窓の景色の美しさ、その下のビロードの腰張りは室をつややかにする。



ご訪問ありがとう。閉じる前にバナーのクリックお願いします。
くいしんぼな一眼さんにぜひお立ち寄りください。
コメントをお待ちしております。
設計の依頼もお待ちしております。
ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ
[PR]
by million-lion | 2009-06-29 20:19 | 5 古典建築・現代建築

495.6 桂離宮 賞花亭

c0195327_17505761.jpg
c0195327_17511076.jpg
【松琴亭】から、【賞花亭】への[土橋]までは左が山で遮断され、右が池で開放されている。
[土橋]の手前は四つ又で【賞花亭】、【螢渓】、【万字亭】、【松琴亭】への分れ道でそれを四又路と感じさせないように[飛石]が打たれている。

【螢渓】は太木と寒竹の群生で、渓谷に迷い込んだ趣をなすが、廻遊のコースから外れる。[土橋]を渡って中島へ木で遮蔽された小高い丘の斜面を[飛石]に導かれる。

どの書物にも、途中に【水蛍燈籠】があり、とあるが記述のみで写真がない。
私も撮れていない。
あれほど気が付くものにはシャッターを切ったのに、どんな燈籠なのか凄く知りたい。

進みます。登りきったところにあるのが、【賞花亭】
c0195327_17514979.jpg
c0195327_1752725.jpg
c0195327_17522381.jpg
c0195327_17523311.jpg
今出川本邸の[龍田水]という井戸のそばにあった建物を移築したといわれ、春は[吉田屋]、秋は[龍田屋]の暖簾が掛けられるはず、ですが掛かっていません。

茶亭というより峠の茶屋。かつて【賞花亭】の付近は花林の風致とし築造されたもので、桜樹が植えられていたようです。

【御殿】【月波楼】【松琴亭】【神仙池】【御池】を【賞花亭】に座して全園を眺望できる。
c0195327_17531124.jpg


ご訪問ありがとう。閉じる前にバナーのクリックお願いします。
くいしんぼな一眼さんにぜひお立ち寄りください。
コメントをお待ちしております。
設計の依頼もお待ちしております。
ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ
[PR]
by million-lion | 2009-06-25 17:55 | 5 古典建築・現代建築

495.5 桂離宮 松琴亭

【御腰掛】の[苑路]をから【松琴亭】へ。【州浜】の横を通り、【天の橋立】を眺め、【白川石橋】を渡ると【松琴亭】の横で、茶室のにじり口の正面に着く。池泉になじむように低く建つ。もとは、朱色の太鼓橋が唯一の道であったようですが、天の橋立の景を取り入れたときに撤去し、【松琴亭】から見る【天の橋立】の眺めをよくした。
c0195327_17382781.jpg
【州浜】
【御腰掛】の[苑路]から鼓の滝を過ぎ、小さな自然石の石橋を渡ると辺りは急に開け汀にでる。【天の橋立】ごしに、【松琴亭】が望まれる。小石を並べた【州浜】の先端には、かわいい[置燈籠]【岬燈籠又は夜雨燈籠】が利かせている。その先は、【高砂の松】。
c0195327_1738375.jpg
【白川石橋】
【天の橋立】を過ぎる【松琴亭】の茶室前の白川石の一本橋が架かる。長さ6m、幅65cmで、厚さは中央で33cmもある大きな石。横には、遠州好みのくの字形をした大振りの石の前方に3個の石を並べ、その脇に小さな石を1個配した【流れ手水】。
c0195327_17384439.jpg
【松琴亭】の茶室
右端ににじり口を設け、にじり口上に横長の大きな竹連子窓とその上の中央に下地窓を配している。この二重に設けられた独特な窓のしつらえは他に類を見ない。左側に2段の刀掛、その脇の下地窓は床の墨蹟窓である。茶室は[三畳台目]で、遠州好みの[八窓]。
c0195327_17385236.jpg
c0195327_1739575.jpg
[一の間]と[二の間]はともに書院風で障子を開放すれば室と庭がつながり一体化し、先には、御池の神仙島の姿が眺められる。襖の白とブルー、白とグレーの加賀奉書の市松貼りは色あせても、なお新鮮で美しい。
c0195327_17391411.jpg
c0195327_17392144.jpg
【松琴亭】一の間 西土庇から室内を望む
一の間は、鉤の手になった十一畳敷き。床と厨子棚、その下に北に面して構え、折れ曲がって西面した石炉を設け、その上方に袋棚を構えている。一の間と二の間境の欄間は麻幹(麻の皮をはいだもの茎)を並べた数奇屋風の欄間がはめ込まれている。召合せ金物から、もとは二の間が主で、一の間が鎖の間と考えられる。
c0195327_17392972.jpg

c0195327_17393731.jpg
[荒小砂利敷]仕上げの深い[土庇]が廻っていて北の濡縁に張り出しの先には、カマドが造られ料理ができるようになっている。また、料理は[御殿]の調理場から船で運ばれ、[一の間]の長いろりで暖めて出される。
c0195327_17394471.jpg


【松琴亭】では、西に沈まんとする月に向かって琴を弾いたという。


ご訪問ありがとう。閉じる前にバナーのクリックお願いします。
くいしんぼな一眼さんにぜひお立ち寄りください。
コメントをお待ちしております。
設計の依頼もお待ちしております。
ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ
[PR]
by million-lion | 2009-06-23 17:52 | 5 古典建築・現代建築

495.4 桂離宮 廻遊

お待たせしました。
では、見学の順路に従って廻遊します。

【御幸道】に直交する[小石舗装]の南南東へ直進する[苑路]を【紅葉馬場】と呼ばれる。
右が紅葉山、左が【御腰掛】を遮蔽する山の尾根で挟まれて切り通しを通るようにしてこの道は直進する。
その先端に朱塗りの高欄の大橋が架かり、対岸の【松琴亭】と結ぶが現存しない。
でも大橋の余勢が怪しく残っている。
【紅葉馬場】の西南(右手)は紅葉山から尾を引いた小高い尾根で、端部近くでもう一度盛り上っており、御池を隠している。
その東北(左手)は【蘇鉄山】でこの両側の細長い山で囲まれた東南に抜けた通路は【御幸道】と同じで長い空間(スペース・室)と感じる。
c0195327_1920473.jpg
【紅葉馬場】から【松琴亭】の方向を望む。【御幸道】と同じ青黒い霰石を中高に敷き詰めた道。
c0195327_19205696.jpg
【御腰掛】への入口の燈籠。
c0195327_1921693.jpg
【御腰掛】から入口を見返す。ここの[飛石]は大振りで雄大、【蘇鉄山】の豪快さと対抗か。
c0195327_19211416.jpg
問題の【蘇鉄山】
c0195327_19212355.jpg
【御腰掛】に平行して長い[延段]の北端に[角違い二重桝形]【涼泓の手水鉢】。方形の石から45度に交わる方形を2段に彫った遠州好みの二重桝といわれる、その手前の前石は遠州好み独特のくの字形の大振りの石を据え、[飛石]1個を置いて[延段]に続く、手水鉢の左奥には[生込燈籠]を据えて待合の添景としている。
c0195327_19213585.jpg
右手が【紅葉馬場】を隔てる山。
左手の刈り込み壁は鋭角に折れて【御腰掛】の裏山へ上る[飛石段]が打たれている。
低い寄せ燈籠がアイポイントとして終点の決め手となる。
勢いよく一直線に延びる[飛石]【行の飛石】も【蘇鉄山】との対比と思われる。
c0195327_19214684.jpg
【御腰掛】[外腰掛]は、【松琴亭】の待合い腰掛。柱に皮付きの檪(クヌギ)や棈(アベマキ)を用いた寄棟造りの茅葺。屋根裏は太い竹の化粧棰に吹寄せの忍竹の小舞を並べ。その上に葭の縦簀張りの化粧裏を施した化粧屋根裏天井。[土庇]に[飛石]が打たれ、前面と両側面を開放し、遠州好みの砂雪隠が構えられている。
c0195327_1922323.jpg
c0195327_19221244.jpg
c0195327_19222024.jpg

ご訪問ありがとう。閉じる前にバナーのクリックお願いします。
くいしんぼな一眼さんにぜひお立ち寄りください。
コメントをお待ちしております。
設計の依頼もお待ちしております。
ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ
[PR]
by million-lion | 2009-06-19 19:35 | 5 古典建築・現代建築

495 桂離宮 訪問

1933年5月4日、前日に敦賀に上陸し京都に落ち着いたブルーノ・タウトは、明日の誕生日には、毎年その土地の最もすばらしい建築を見たいと伝え、選ばれたのは桂離宮。

そして桂離宮を発見した。

元和元年(1615)に八条宮初代智仁親王により別荘を構想、当初は池に面した今の古書院や対岸の草庵風の亭だけで【瓜畑のかろき茶屋】と呼ばれるほど小規模で、田園のただなかに自然と融和する庭であった。
その後、二代智忠(トシタダ)親王が前田年常の息女富姫と成婚にともない中書院、新神殿、各茶室等を増改築。
後水尾上皇が最後に訪問した1963年には今の状態に近づき、その後、八条宮七代家仁(ヤカヒト)親王による手も入り、遠州好みの傾向になった。
武家・寺院の住宅形式としての形式化された書院(真々柱間・整形)と施主の直接的な好みを反映した草庵風茶席、数奇屋造り(内法柱間・不整形)と長い歳月と何人ものひとによって完成している。
智仁(トシヒト)親王
後陽成天皇の弟。秀吉の猶子となるが鶴松が生まれ養子を解消、宮家を創立。
後水尾天皇(のち後水尾上皇)
後陽成天皇の第三皇子。後陽成天皇は、智仁親王に皇位を譲る予定だった。
c0195327_213710.jpg
笹垣
桂川沿いに連なり、自生する竹をそのまま利用して、一定の高さで竹を押し曲げて編んだ独特の意匠の生垣。
元々は瓜畑の一般的な生垣で、いまでは桂離宮だけに残っている。
c0195327_2131977.jpg
竹穂垣
桂川沿いから離宮北側の敷地沿いの道からは、竹穂垣に意匠が変わる。
竹穂を使った竹垣で竹穂を下向きが一般的で、横向きは桂垣ともいう。
竹穂の節を揃えるところとずらすところが交互の意匠になっている。
c0195327_2133293.jpg
表門(御成門)
袖塀は、竹木賊張り。敷地の北西にあり、入ると生垣に囲まれた南北に長い長方形の前庭、正面に【御幸門】。
一般の拝観者の出入は通用口の【黒御門】を利用する。
c0195327_2134466.jpg
表門の見返り
c0195327_21411.jpg
御幸門
茅葺の皮付き棈(アベマキ)の丸太構造、その手前がすこし広がり右手の平らな一枚板は御輿を置く台石【御輿石】が前庭を引き締めている。
正面生垣の刈込みの向こうは常緑樹で覆われ視界を遮って、右手の【御幸道】へ導いている。
c0195327_21305247.jpg
御幸道
青黒霰石敷。左右を同じく生垣に挟まれ廊下的空間で、両脇は杉苔、中央は黒い小石敷、西へ曲がると正面に土橋が見え、幅は手前から先にわずか狭くなり軸線が強調される。

途中、左に庭を回遊する苑路、右には御舟屋の屋根が覗く。
土橋を渡ると手前左と奥右に道が分かれ、手前左を曲がると正面に「衝立松」で、行き止まり。
生垣越し右手には月波楼の屋根が表れるが、庭の全景はまだ窺えない。
c0195327_2143776.jpg
亀の尾の衝立松
御池へ抜けるが視線を半ば遮断して庭の全景を隠す。もとは【住吉の松】があった。
c0195327_2145275.jpg
黒文字(クロモジ)の袖垣
【黒文字の袖壁】に沿って右に折れると中門。
昭和の大修理では、小枝の多い曲がったクロモジの木はいちばん手が掛かり、23mを仕上げるのに50日を要した。
c0195327_216018.jpg
中門の乗越石
手前には自然石、中門を潜ると切石で田の字。
c0195327_2161344.jpg
御輿寄前庭(玄関)
古書院式台、左に月波楼、右に臣下控所と玄関と四方八方へ導く飛び石が華麗な表現で魅了させる。
田の字の先はへの字【角違】で右斜めに臣下控所へ導く。
c0195327_2162514.jpg
次は、遠州好みの左斜めに曲折し、まっすぐ延びる延段【真の飛び石】は古書院式台の主軸線。

古書院式台石段の上の沓脱石【六つの沓脱】は天端はむくりがある。
式台【虎椽】の高さがかなり高い。
右角には長方形の筒形の【方形手水鉢】

左に小高く丸い曲面にL字形の高い刈込みと梅が一本、その下には織部形燈籠。飛び石が月波楼へと導く。

※賓客コースによる案内でした。今日はここまで。タウトが訪問した近い日に見学で季節感を共有できた。

今日の草花は、庭石菖 (にわぜきしょう)、別名 「南京文目」(なんきんあやめ)。
c0195327_22141413.jpg



ご訪問ありがとう。閉じる前に▼クリックお願いします。

                                           ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ
[PR]
by million-lion | 2009-05-11 21:24 | 5 古典建築・現代建築


設計事務所の造形工房、千原利英のブログ


by MILLION-lion

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ASPアクセス解析



▼バナークリックをお願い
へ
人気ブログランキングへ

記事ランキング

お気に入りブログ

くいしんぼな 一眼さん
造形工房
まいづるRB ブログ
住まい倶楽部
まち・みち・みせ

最新の記事

熊本洋学校教師ジェーンズ邸
at 2016-04-18 23:14
海の博物館 内藤 廣 
at 2016-02-14 14:21
神奈川県立近代美術館 鎌倉館..
at 2016-01-31 10:20
硝子の茶室
at 2016-01-02 20:38
ならまち 鹿の舟 囀 設計 ..
at 2015-12-21 22:12
20151206醍醐寺晩秋
at 2015-12-06 21:18
東大寺東塔院跡発掘調査
at 2015-11-29 21:34
大仏池
at 2015-11-24 21:20
彼岸花
at 2015-09-16 21:31
東大寺南大門の主
at 2015-09-13 20:33

以前の記事

2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

カテゴリ

全体
0 作品・計画
1 設計・エレメント
2 暮らし・デザイン
3 食・店・酒
4 庭園・花鳥風月
5 古典建築・現代建築
6 パッサージュ
7 西の旅・東の旅
8 芸・美・文化・歳時記
9 シネマ
未分類

タグ

(14)
(11)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)

検索

ファン

その他のジャンル

ブログジャンル

食べ歩き
映画

画像一覧