<   2011年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

716.1 ふたたび日本海の港町へ

c0195327_18354987.jpg
先日、出張した港町にふたたび訪れました。
今回は、「特急こうのとり1号」による快適な旅。
c0195327_18355820.jpg
福知山で乗り換え。
待っていたのは、快速大江山浪漫号(天橋立行)
特急車両ですが、普通料金で乗車できます。
c0195327_18361350.jpg
途中の大江山。
c0195327_18362887.jpg
3月から丹後方面の特急は新型車両が走っているが
今回は、往復とも利用できず、昭和な特急での旅。
c0195327_18363919.jpg
たどり着いた日本三景の天橋立は、雨。
c0195327_18365110.jpg


▼バナーのクリックをよろしく
にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
人気ブログランキングへ
[PR]
by million-lion | 2011-04-30 18:37 | 7 西の旅・東の旅

989 ユリイカ EUREKA

c0195327_1351675.jpg

熨斗イカに似た食べ物ではありません。
ユリカモメのような海洋動物でもありません。

アルキメデスがある日、入浴中「ユリイカ、ユリイカ」と叫んで、素っ裸で浴槽から飛び足し、「浮力」を発見した逸話で有名なギリシア語に由来する「見つけた!」を意味するタイトルの2000年公開の日本映画です。

現代日本映画の頂点とも言われる作品。
浅田彰は、映画の21世紀は『EUREKA』をもって始まる、と言う。

監督・脚本・編集・音楽ともに青山真治。
福岡県北九州市出身。北九州市立緑丘中学校、福岡県立門司高等学校を経て、1989年立教大学文学部英米文学科卒業。立教大学映画研究会出身。在学中は蓮實重彦に学び、深い影響を受けた。

ジャン=リュック・ゴダール、クリント・イーストウッド、神代辰巳、中上健次などを尊敬している。
卒業後はフリーの助監督として、ダニエル・シュミット、黒沢清『トウキョウソナタ』などにつく。1995年オリジナルビデオ『教科書にないッ!』で初監督。地元、福岡県の門司を舞台にした『Helpless』で商業映画デビュー。
監督作品『EUREKA』で、カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞・エキュメニック賞を受賞。
小説家としても活動し、2001年には自作のノベライズ小説『EUREKA』で第14回三島由紀夫賞を受賞。2005年には『ホテル・クロニクルズ』で第27回野間文芸新人賞候補にノミネートされた。
妻は女優のとよた真帆。

冒頭
「大津波が来る。いつかきっと、みんないなくなる」

会話は15分に1回くらいしかないような展開し、ゆっくりと息を合わせるように、時は独特な流れる。
観客も一緒に過ごしているような感覚をうける3時間37分の長編。


舞台は北九州。バスジャック事件で生き残った人々のその後
主演は、役所広司、宮崎あおい、宮崎将。

「他人のためだけに生きるっていうのは、できるもんやろうか?」

「生きろとは言わん。死なんでくれ」

最初から最後まで延々と続く虫の音

モノクロネガで撮って、カラーポジにプリントする「クロマティックB&W(ブラック・アンド・ホワイト)」と称する独自の手法は、モノクロームの中にありとあらゆる色彩が潜在していると思わせるようなきわめて微妙なトーンを実現している。

単純に思える物語を細部に至るまで厳密に演出し、完璧なモノクロームの画面に収めて、静かに輝く映画に仕立て上げている。

そこには徹底して考え抜かれたものだけのもつ単純さがあるのだ――単純さ、そして単純さゆえの豊かさが。
観る者はそこに、「表面的にはミニマリスティックなのに、実は無数の変化が内部でうごめいているかのような、複雑な表情」(坂本龍一)

事件後の混乱のなかで、両親から打ち捨てられた中学生兄妹が閉じこもる洋館を、もう一人の生存者であるバス運転手だった男が不意に訪れと、その立派な家はあるが二人はその中でホームレスの状態だった。
そして、共同生活を始めるが、三人はやがて家を離れ、この世界に住処を見出すため、彼らはどこに辿りつくかわからない「別のバス」でホームレスの旅に出る。

この映画は、悲惨な事件に遭遇した結果、バスジャック事件のトラウマからの回復を描いているからではない。
「20世紀というバス」で悲惨な事故に遭遇し、世間から厄介者扱いで、まるでゴミのように排除される。
今までの価値観、物、世間、家族と決別し、単純で豊かな原点に立ち戻る旅の再生への始まり。

また「21世紀という別のバス」に乗る覚悟を決める。
クリエィティブ・サルベージ(創造的廃品回収)として
「21世紀というバス」を信じたい。

人生の旅には乗り換えが必要。
時が移り、事が変わり、運命の転変から人は逃れられないし、失う時もある。そんな時には乗り換えが必要、従来の生活パターンを押し通そうとせずに別の列車に乗り換えなければならない。

勇気をもって、私も「別のバス」に乗り換えよう。
そして、進み続けよう。

鑑賞まで11年、感想をまとめるに半年、やっとブログにUPできた。
これは名作です。

▼閲覧していただいた皆様は、このバナーのクリックして、クレルカ。
なんちゃって
にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
人気ブログランキングへ
[PR]
by million-lion | 2011-04-23 13:51 | 9 シネマ

716 日本海の港町へ

c0195327_12292391.jpg
先日、日本海のまちに早朝から出張。
まだ、5時過ぎは薄暗い。
c0195327_12293333.jpg
c0195327_12294277.jpg
まもなく全面開業する大阪駅。
c0195327_12295793.jpg
鈍行の車中から桜並木、朝の登校の光景を見ながらウトウト。
c0195327_12301374.jpg
福知山で待っていた電車はレトロな車両。
c0195327_12302514.jpg
帰路は田植えの情景を眺め、のんびりとした気持ちを味わえた。


長い長い冬眠から脱し、やっと活動の機会にめぐり合えたようです。

これから未来に向けたこの新たな道を、何処までも長く、しっかりと開いていきます。


▼このバナーのクリックして、新たな道を開いてください。
にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
人気ブログランキングへ
[PR]
by million-lion | 2011-04-19 12:30 | 7 西の旅・東の旅

895.1 造幣局通り抜け 2011

c0195327_18395392.jpg

今年も抜けて来ました。
今年は日曜日に抜けてみました。
c0195327_1840162.jpg
c0195327_1840894.jpg
c0195327_18401526.jpg
c0195327_18402228.jpg
c0195327_18403840.jpg
c0195327_18404469.jpg
c0195327_18405217.jpg


▼このバナーのクリックして、抜けてください。
にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
人気ブログランキングへ
[PR]
by million-lion | 2011-04-17 18:41 | 8 芸・美・文化・歳時記

434 コリオリのチカラ

c0195327_2042135.jpg
ずっと不思議に思っていたことで、ソメイヨシノがどうも反時計回りの渦を巻いて育っているように思える。

c0195327_20432332.jpg
その疑問を樹木の専門家に質問すると、その自然現象は「コリオリのチカラ」と聞いた。
しかし、「コリオリのチカラ」でソメイヨシノが反時計回りの渦を巻いているのかは知らないと言っていた。

c0195327_20434774.jpg
「コリオリのチカラ」とは、地球は東向きに自転しているので、そのため、低緯度の地点から高緯度の地点に向かって運動している物体には東向き、逆に高緯度の地点から低緯度の地点に向かって運動している物体には西向きの力が働く。北半球では右向き、南半球では左向きの力が働くこと。
c0195327_2044138.jpg
台風が北半球で反時計回りの渦を巻くのは、風が低気圧中心に向かって進む際に「コリオリのチカラ」を受け、中心から右にずれた地点に到達するためです。
c0195327_20442424.jpg
また、大気だけでなく、海流の運動も「コリオリのチカラ」の影響を受けている。

c0195327_20445112.jpg
よって大川沿いのソメイヨシノは、「コリオリのチハラ」いや「コリオリのチカラ」でこんなに反時計回りの渦を巻いているはず。
c0195327_2045259.jpg


「皆様のチカラ」で
▼このバナーのクリックしていただくと、このプログも渦を巻くかもしれません。
にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
人気ブログランキングへ
[PR]
by million-lion | 2011-04-13 20:45 | 4 庭園・花鳥風月

519 京都御所

c0195327_14122390.jpg
c0195327_14123637.jpg
c0195327_14124591.jpg
c0195327_14125952.jpg
c0195327_14131165.jpg

c0195327_14151793.jpg
c0195327_14203529.jpg
c0195327_14212076.jpg
c0195327_1421583.jpg
一度は観ておこう。

にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
人気ブログランキングへ ←バナーのクリックにご協力をお願いします。
[PR]
by million-lion | 2011-04-09 14:13 | 5 古典建築・現代建築

434 京都御苑

c0195327_2272247.jpg
さすがです。見事なハクモクレンが満開。
c0195327_2312926.jpg
御苑の北側に位置する近衛邸跡では、こちらも立派な糸桜が満開です。

10日の日曜日まで春の御所一般公開が行われています。
[PR]
by million-lion | 2011-04-08 02:33 | 4 庭園・花鳥風月

990 トウキョウソナタ

c0195327_23235342.jpg
BSシネマ 山田洋次監督が選んだ日本の名作100本~家族編~

BSプレミアム 4月6日(水) 午後10:00~午前00:04

カンヌ映画祭「ある視点」部門で、準グランプリにあたる審査員賞を受賞。
【出演】香川照之,小泉今日子,小柳友,井之脇海

2008年の作品で、日本・オランダ・香港の合作映画

監督は黒沢清
神戸市出身。1955年生まれ。東京藝術大学大学院映像研究科教授。
立教大学在学中に兼任講師として映画論講座を受け持っていた蓮實重彦に師事する。


一見平和だが、実はそれぞれに秘密を抱え、心はバラバラな家族の行方を描く。
東京の小さなマイホームに暮らす、ごく平凡な4人家族。

c0195327_23291947.jpg


4月7日 追記

いかがでした。

まだ見ていない人に鑑賞のポイントをすこし


なぜが開かれた窓

自宅などの奥行きを拒否し狭さの強調

父、子、妻、母、教師、生徒というそれぞれの「役割」を演じている。

見るつめている者、見つめようとしない者


などなど


深みのある表現をしっかりチェックしてください。

<span style="color:rgb(153,153,153);">にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
人気ブログランキングへ ←バナーのクリックにご協力をお願いします。
[PR]
by million-lion | 2011-04-05 23:25 | 9 シネマ

089 三重塔

c0195327_17462267.jpg

今日、4月1日から三重塔の業務に参画するはずだった。

エイプリルフールのネタではありません。
本当の話です。

1月に三重塔建立の話があり
一度は関わってみたかった伝統建築の世界

時を超える仕事。


しかし


夢中で勉強し、描いた三重塔が……


イエモンの歌詞が心に沁みる

追いかけても追いかけても逃げて行く月のように
指と指の間をすり抜けるバラ色の日々よ


誰か、三重塔を建てません。


にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
人気ブログランキングへ ←この二つのバナーはブログのビタミンCとビタミンAです。
足りていませんので、ぜひ皆様のクリックをお願いします。

[PR]
by million-lion | 2011-04-01 17:46 | 0 作品・計画


設計事務所の造形工房、千原利英のブログ


by MILLION-lion

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ASPアクセス解析



▼バナークリックをお願い
へ
人気ブログランキングへ

記事ランキング

お気に入りブログ

くいしんぼな 一眼さん
造形工房
まいづるRB ブログ
住まい倶楽部
まち・みち・みせ

最新の記事

熊本洋学校教師ジェーンズ邸
at 2016-04-18 23:14
海の博物館 内藤 廣 
at 2016-02-14 14:21
神奈川県立近代美術館 鎌倉館..
at 2016-01-31 10:20
硝子の茶室
at 2016-01-02 20:38
ならまち 鹿の舟 囀 設計 ..
at 2015-12-21 22:12
20151206醍醐寺晩秋
at 2015-12-06 21:18
東大寺東塔院跡発掘調査
at 2015-11-29 21:34
大仏池
at 2015-11-24 21:20
彼岸花
at 2015-09-16 21:31
東大寺南大門の主
at 2015-09-13 20:33

以前の記事

2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

カテゴリ

全体
0 作品・計画
1 設計・エレメント
2 暮らし・デザイン
3 食・店・酒
4 庭園・花鳥風月
5 古典建築・現代建築
6 パッサージュ
7 西の旅・東の旅
8 芸・美・文化・歳時記
9 シネマ
未分類

タグ

(14)
(11)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)

検索

ファン

その他のジャンル

ブログジャンル

食べ歩き
映画

画像一覧