カテゴリ:1 設計・エレメント( 6 )

真夏の夜の夢

c0195327_1992219.jpg

c0195327_1991379.jpg

グーグルの画像より借用
世界的な建築空間における和紙造形作家の『堀木エリ子』さんが、宮津に頻繁に通っていることを、多方面から聞いていた。
最近、天橋立ワイナリーのブドウ畑のレストランでも作品ができた。

こんな凄い芸術家の作品を展示することが宮津にできれば、天橋立+観光で活性化するだろうな。関西、全国、いや世界からぞくぞくと人が足繁く宮津に来ますよ。
で、どこに?
『由良小学校』が生徒数激減で、廃校になるようだ。
後の計画も耳にするが、予算が無ければ、校舎をそのまま利用し『堀木エリ子美術館』にしてはいかがかな。
KTR由良駅前で、由良は山椒大夫、金閣寺等々と歴史・文化ある場所だ。
宮津市内から20分、舞鶴からも20分と意外と便利。
創造を膨らまし、昔のように由良川に船を走らすと、綾部や福知山にもアクセスができる。


もし、予算があり、建築するとなれば、建築家は誰?
もちろん世界的な建築家でないとね。
ニューヨーク近代美術館の増築、土門拳美術館、豊田美術館等々の『谷口吉生』さん?
c0195327_1992981.jpg


いや、やっぱり女性がいいな。
『妹島和世』さんですね。
若者から絶大な人気でプリツカー賞受賞の世界的建築家。
再春館製薬女子寮、金沢の21世紀美術館等々。
c0195327_1993617.jpg
c0195327_1994180.jpg


世界で活躍する現代女性がコラボするアート空間。
夢では冴えている私の脳、妄想が広がる。
コーディネーターは?
やっぱり女性でアーチスト。
宮津のハラペコ料理人?

面白い夢と思われたら、ぜひ、ぜひ、「いいね!」、シェアをお願いします。
この記事を「いいね!」、シェアが異常な数字になれば、一人ひとりの意思が実現へ、夢が正夢に変わるかも。

オリンピックが終わり、盆も終わった、寝苦しい真夏の夜の夢でした。


▼ランキングバナーのクリックをよろしく
にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
人気ブログランキングへ

[PR]
by MILLION-lion | 2012-08-17 19:10 | 1 設計・エレメント

094 コートのある甲斐の家 コンペ案

人気ランキングの二つのバナーをクリックをお願いしています。
一日一回有効で、なかなかクリックしてくれません。よろしく。
にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
人気ブログランキングへ

血縁・地縁・口コミの設計依頼から、もっと広い出会いを求めてコンペに参加して1年半以上、落選のオンパレード。
でも、めげずに今も新たなコンペに取り組んでいます。

未紹介の作品を紹介していきます。
c0195327_2022798.jpg
まずは、コートのある甲斐の家。
富士山が望める甲府市の分譲地の角地、30歳台の4人家族の住宅。
c0195327_202167.jpg
エントランスコート、バスーコート、サニタリーコートの三つのコートを設け、水周りの視線・光・風を自由にコントロールできるように提案。
[PR]
by million-lion | 2010-03-13 20:05 | 1 設計・エレメント

198 ガラス 建築 かたち

板ガラスは、透明・不燃・耐久性など優れた性質で、近代建築の三材料(鉄・コンクリート・ガラス)のひとつ。つまり板ガラスがなければ現在の建築は成立しない。

古代から用いられていたが、建築材料として普及したのは近代以降で、ガラスを溶解する技術の飛躍的な進歩による。
1851年に、初めての万国博がロンドンで開催され、この時のメインパビリオンとして、水晶宮[クリスタル・パレス] (設計は造園家のジョセフ・パクストン)と名付けられた、ガラスと鉄による巨大な建築は、板ガラスの効果を強く印象付けた。
c0195327_2031378.jpg

その後、1921年、ミース・ファン・デル・ローエが、ビル全面をガラスで被う摩天楼、フリードリッヒ街オフィスビルのコンペで提案。
c0195327_2033496.jpg
現在のガラス建築 かたち
c0195327_2042793.jpg
1997年 京都駅ビル 原広司
c0195327_2044764.jpg
1999年 コム・デ・ギャルソン青山店 フューチャーシステムズ
c0195327_2045974.jpg
2002年 電通本社 ジャン・ヌーベル
c0195327_2051433.jpg
2003年 青山 プラダブテック青山店 ヘルツォーク&ド・ムーロン(北京五輪メイン会場設計)
c0195327_2052558.jpg
2006年 国立新美術館 黒川紀章

今日の草花は、ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)、カラスノエンドウ(烏野豌豆)。マメ科ソラマメ属の越年草。
c0195327_2052172.jpg
今日はバンザイもある。
住宅では、キッチンなどの火気使用室には、内装が準不燃以上の制限されていた。
それは、部屋を区切らない設計をする場合どこまでも適用され、室内での木材仕上げを困難にさせていた。それが、この5月から改正され、火気使用の範囲だけに限定された。
久しぶりに、納得できる法改正にバンザイ。
[PR]
by million-lion | 2009-04-27 20:10 | 1 設計・エレメント

101 窓からの眺め

窓には、光を取り込む採光、空気を入れ替える換気、と外を見る眺望の機能がある。
c0195327_1620169.jpg

ドイツロマン派の巨匠、フリードリッヒ 1822年の作品「窓辺の夫人」

婦人が板戸をあけて外の運河を通っていく船を眺める。

北欧では、北国の少ない自然光をできるだけ室内に入れるために、上の窓を大きく下の部分は板戸で、開閉して外を見たり、塞いだりすることができる。
板戸を閉めれば、外の景色は消え、上の高窓から射す北国の淡い光が、静かに室内に差し込む。

絵画作品の世界では、19世紀初頭のロマン派以降「家」は「身体」ととらえ、室内は「内面」、自分の部屋は「自画像」となり、「窓」は外を見るものとして「目」に対応する。

そして、室内は自己存在の表現になる。

c0195327_16224119.jpg
二世帯住宅 石切の家 2階の子世帯の玄関
c0195327_1640335.jpg
2階の玄関サイドに設けた絵巻物のような5.4mの長さをもつ、横長窓は目の高さに計画し竪幅を抑え、生駒山の山並みを切取った風景として眺められるようにしている。


今日の桜は鴨川。
c0195327_16435039.jpg
京都駅前の塩小路通りを東へ、鴨川に架かる橋を渡り下の川沿い道を、出町柳まで桜の下をそぞろ歩き。
c0195327_16441228.jpg
来年は、上賀茂神社まで短い足を伸ばしてみよか。


今日のお知らせ
GoogleからSketchUpという3Dソフトがフリーで提供されている。
50の手習いやけど、マスターして3D設計、CGパースを描けるようにするぞ。
[PR]
by million-lion | 2009-04-11 16:47 | 1 設計・エレメント

199 レンガ積 旧海軍兵学校

c0195327_1624826.jpg
呉の旧海軍学校生徒館の外壁でイギリス積。
現在は海上自衛隊第1術科学校の幹部候補生学校庁舎。

通称「赤レンガ」は、日清戦争の前年、1893(明治26年)竣工。
なんと116歳。

レンガ建築の西の横綱、東の横綱は、東京駅。

設計は、東京築地にあった兵学校生徒館も手がけたJohn・DIACK(ジョン・ダイアック)。

明るい色調の英国製赤レンガは、一つ一つ丁寧に油紙に包装して軍艦で輸送された。
レンガ1つが当時の大工の日当と同じだったとの伝説。

確かに今まで見た一番きれいな赤レンガで、116歳のテクスチァーはつるつるです。

※設計者のダイアックは、工部省鉄道寮建築長副役として来日し、後に横浜を拠点に活動したイギリス人建築家。

※レンガ積は、現行の建築基準法では小規模に限定、職人の減少からも新築はほとんどありません。
つまり、外観がレンガ積の意匠の建築では、レンガタイル又は表面だけのレンガ積です。
しかし、東京丸の内に今年3月に竣工する三菱1号館は、法令をクリアーした本当のレンガ(構造)積です。

ご訪問ありがとうございます。閉じる前にぜひ、ランキングUPのご協力に▼クリックお願いします。1日1回有効です。
                                           ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ
[PR]
by MILLION-lion | 2009-02-26 16:05 | 1 設計・エレメント

100 住宅の階段

階段は、単に上下階を繋ぐ機能として設計されることがありますが、建築での重要なエレメントです。
意匠、空間の演出として設計者の力量が示されます。

階段を空想的なものと解さない建築家は芸術家ではない。建築の演出家でもない。【ジオ・ポンティ】

c0195327_20163387.jpg

写真は木造の透かしの直階段。冬至にはリビングの窓からの光が階段を登る演出になっています。

住まいの中心に階段を配置し、LDKとオープンな関係とした。
安全、機能面では踏み面、けあげの寸法に時間と神経を使って設計を行う。

シンプルなデザインは見かけほど簡単ではありません。
最近は階段も既製品を使うことが多いようですが、オリジナルを現場の大工さんと何度も打合せを重ねて完成しました。

※映画でも、階段のシーンがよく使われます。
たとえば、フーテンの寅さんは上機嫌で階段を上がり、階段を下がるときは怒ってることが多い。
しかし、その松竹の大先輩、小津安二郎は階段シーンが皆無のようです。

ご訪問ありがとうございます。
閉じる前に▼クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
[PR]
by MILLION-lion | 2009-02-20 17:31 | 1 設計・エレメント


設計事務所の造形工房、千原利英のブログ


by MILLION-lion

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ASPアクセス解析



▼バナークリックをお願い
へ
人気ブログランキングへ

記事ランキング

お気に入りブログ

くいしんぼな 一眼さん
造形工房
まいづるRB ブログ
住まい倶楽部
まち・みち・みせ

最新の記事

熊本洋学校教師ジェーンズ邸
at 2016-04-18 23:14
海の博物館 内藤 廣 
at 2016-02-14 14:21
神奈川県立近代美術館 鎌倉館..
at 2016-01-31 10:20
硝子の茶室
at 2016-01-02 20:38
ならまち 鹿の舟 囀 設計 ..
at 2015-12-21 22:12
20151206醍醐寺晩秋
at 2015-12-06 21:18
東大寺東塔院跡発掘調査
at 2015-11-29 21:34
大仏池
at 2015-11-24 21:20
彼岸花
at 2015-09-16 21:31
東大寺南大門の主
at 2015-09-13 20:33

以前の記事

2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

カテゴリ

全体
0 作品・計画
1 設計・エレメント
2 暮らし・デザイン
3 食・店・酒
4 庭園・花鳥風月
5 古典建築・現代建築
6 パッサージュ
7 西の旅・東の旅
8 芸・美・文化・歳時記
9 シネマ
未分類

タグ

(14)
(11)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)

検索

ファン

その他のジャンル

ブログジャンル

食べ歩き
映画

画像一覧